家庭にオススメな電気

【中部電力】関東へ進出!とにかく安いカテエネプラン

この記事は約3分で読めます。

1,767 views

【中部電力】関東へ進出!とにかく安いカテエネプラン

中部電力が、電力自由化に伴い東京電力エリアへ進出します。 その名もカテエネプラン。 東京電力にとっては、新参戦会社のみならず、既存の電力会社もライバルとなる苦しい状況が続くわけですが、気になるプランはどのようなものなのでしょうか。



プラン対象は?

まず、気になるのはプランの対象者。 中部電力のカテエネプランは、従量電灯B(50A・60A)または従量電灯Cで契約している方が対象となります。 契約容量が大きい/電気の使用量が多いご家庭向けのプランとなっています。

とにかく、安い

中部電力が発表したプランは、とにかく、安いです。 まずは基本料金なのですが、最初の8kVAまでは、一律1,201.20円となります(従量電灯Bの50A、60Aの型はそれぞれ5kVA、6kVAとします)。 一方、東京電力の従量電灯Cプランは、1kVAあたり280.80円。 契約容量が8kVAの場合、基本料金は2,246.40円となります。

お気づきになりましたでしょうか。 もし8kVAで今後も契約するならば、カテエネプランに切り替えれば、2,246.40-1,201.20=1,045.20円安くなります!およそ半額になるのです!

同じように計算すると、10kVAの場合1,105.2円、15kVAの場合1,045.4円、基本料金が安くなります。

料金単価が分かりやすい

さらにカテエネプランは、毎月の電気使用量がどれだけ多くなっても1kWhあたりの料金は27.71円となっています。従来の電気プランは、300kWh以上使うと一気に単価が高くなり、電気を多く使わざるを得ない家庭にはイタい出費となるものでした。

上記の基本料金に加え、1kWhあたりの使用単価が一律なことから、電気使用量が多いほどカテエネプランに変更するメリットが大きくなるといえます。

カテエネ会員になることが必須

東京電力エリアにてカテエネプランへ契約を替える場合、家庭向けWEBサービスカテエネの会員になることが条件となっています。 とはいえ、カテエネ会員になること自体はお金はかかりませんし、ユニークなサービスもそろえているので、ネックになるものではありません。 カテエネ会員になるとどんないいことがあるかは、【中部電力】2年契約で誰でもお得?驚きの新プラン!をご覧ください。

現在発表している東京電力エリア向けのプランはこの1つだけとなっています。しかしこのプランから需要が高まり、もっと使用量が少ない家庭でも使いたいと思う人が増えた場合、プランが増えることが期待できます。

あなたにオススメ

  • HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

    HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

    「一律5%OFF」というスタンダードなプランだけ見ていると、HTBエナジーの電力プランは見過ごしてしまうかもしれません。しかしHTBエナジー...

    6,104 views

  • 【完全版】auでんきで本当に全auユーザーがお得になるのか?

    【完全版】auでんきで本当に全auユーザーがお得になるのか?

    携帯電話大手のKDDIが、沖縄を除くすべての地域で使える新電力・「auでんき」を発表しました。 実はこのauでんき、auの携帯・スマホをお持ちの...

    5,563 views

  • 【ヤマダのでんき】ヤマダ電機が電力自由化のワケとは?

    【ヤマダのでんき】ヤマダ電機が電力自由化のワケとは?

    家電販売を主とするヤマダ電機が、2016年6月15日より電力自由化に参戦! 5月23日より申し込みが可能になる、電気屋さんの新電力について解説い...

    2,709 views

  • スマ電に気になる疑問をぶつけてみた

    スマ電に気になる疑問をぶつけてみた

    最近メディアでも話題の「スーパーで買える電気」、スマ電。でも実際のところ、スーパーで電気が買えるってどういうことなんだろう? そんなわけ...

    2,761 views

  • 【TOKAIでんき】東京電力と提携、セット割&ポイントサービスをもって首都圏へ参戦

    【TOKAIでんき】東京電力と提携、セット割&ポイントサービスをもって首都圏へ参戦

    東海地方でLPガスの販売事業を行うTOKAIが、TEPCO(東京電力)と業務提携。2016年4月より家庭向け電力自由化に参戦し、事業をさらに広げていきます...

    3,022 views