家庭にオススメな電気

HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

この記事は約8分で読めます。

1,019 views

HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

「一律5%OFF」というスタンダードなプランだけ見ていると、HTBエナジーの電力プランは見過ごしてしまうかもしれません。しかしHTBエナジーには「朝か夜の2時間の電気料金が無料!」という隠し玉というべき画期的な電気プランが用意されています。この非常に特徴のある電力プランを中心にHTBエナジーの電力プランを解説していきます。

はじめて電力会社を検討される場合は、まずこちらをお読みください。
初めての方のでんき教室

1.HTBエナジーとは?

HTBエナジー
多くの道民にとっては、「HTB」と言えば「水曜どうでしょう」でお馴染みのテレビ局を思い浮かべてしまうかもしれませんが、HTBエナジーは「ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」のグループ会社です。ハウステンボスは旅行代理店HISの子会社ですので、HTBエナジーはHISのグループ会社と言ってもよいでしょう。したがってHTBエナジーは大手会社グループの新電力会社です。

2.HTBエナジー(北海道・かにプラン)の評判・口コミ

口コミ
それではHTBエナジー(北海道)の「かにプラン」に関する評判や口コミはどうでしょうか?HTBエナジー・かにプランに関心をもっている人も、良い評判と悪い評判の両方を確認してみてください。

◆HTBエナジー(北海道・かにプラン)の電気の評判・口コミ
・料金プランがとてもシンプルで分かりやすかった(40代・男性)
・朝に多く電気を使うので、5~7時が無料というのはありがたい!(50代・女性)
・会社から帰ってきてから家事をするので、夜の2時間が電気代無料はとても良い(30代・女性)
・そんなに電気代が安くなったと思わない(40代・女性)
・契約した当初はコンビニ払いとなっていて、支払い方法変更がめんどくさかった(30代・男性)

HTBエナジーの評判・口コミに多く見られたのは、「電気料金がシンプル」、「特定の時間で電気料金が無料なのが良い」、というものでした。ただし、電気料金の支払いについては一部で不満の声も見られ、さらに電気料金が安くなったと感じていない人も一部にはいました。では具体的にはどんなメリットやデメリットがあるのか、次の段落以降で詳しく見ていきましょう。

3.HTBエナジー(北海道・かにプラン)のメリット

メリット
ここからはHTBエナジー・たのしいでんき(北海道・かにプラン)のメリットを具体的に見てみましょう。

メリット1:朝や夜の時間が電気代無料に!!

HTBエナジーの北海道かにプランの最大の特徴は、朝もしくは夜の2時間の電気料金が無料になるプランがあるところです。具体的には、朝5時~7時まで電気料金が無料になる「朝トクコース」と、夜7時~9時まで電気料金が無料になる「ママトクコース」の2つが用意されています。朝もしくは夜に電気をよく使うご家庭にとっては朗報ですね!

メリット2:料金単価が一律5%OFF!

しかし、朝と夜だけでなく昼間も電気を多く使うご家庭も多いはずです。そんなご家庭には、先ほど述べた「朝トクコース」と「ママトクコース」という時間指定の電気無料コース以外に、通常コースが用意されています。通常の「かにプラン」は料金単価(基本料金・従量料金)が一律で5%割安になっています。

4.HTBエナジー(北海道・かにプラン)のデメリット

デメリット
メリットだけでなくデメリットもちゃんと把握しておくことも大切です。ここではHTBエナジーたのしいでんき(北海道・かにプラン)の電気のデメリットも解説します。

デメリット1:朝トクコース/ママトクコースは基本料金が2倍かかる

朝トクコースとママトクコースは、それぞれ朝5時~7時、夜7時~9時のそれぞれ2時間の電気料金が無料となりますが、実はそのぶん基本料金が2倍になってしまいます。基本料金とは、1契約につき必ず発生する固定料金で、アンペア数によって金額が変わります。
朝トクコースもしくはママトクコースを選択する方は、基本料金2倍という点に注意して、慎重に決めるようにしましょう。

デメリット2:契約時点の支払い方法がコンビニ払い

HTBエナジー(北海道・かにプラン)に契約した時点では、電気料金の支払いがコンビニ払いとなってしまう点もデメリットの1つです。なぜならHTBエナジーのコンビニ支払いは、料金確定後の請求ハガキの手数料に200円の手数料が掛かってしまうからです。少しでも電気代を節約しようとしている方は、契約後にすぐにクレジットカード払いもしくは口座振替に変更しましょう。

5.HTBエナジー(北海道・かにプラン)の料金を計算

計算
本サイトを監修するコンサルタントがHTBエナジーたのしいでんき(北海道・かにプラン)の電気料金をシミュレーションして表にしてみたので確認してみましょう!

◆HTBエナジーの料金シミュレーション①
(ベーシックな)従量電灯B5のコースを利用した場合

世帯人数 アンペア 月間消費電力 月間の電気代 月間のおトク額
1~2人暮らし 30A 120kWh 3,638円 191円
3人暮らし 50A 300kWh 9,427円 494円
4人暮らし 60A 400kWh 12,916円 677円

 

◆HTBエナジーの料金シミュレーション②
朝トクコース/ママトクコースを利用した場合
朝もしくは夜の2時間の間に約1/3の電気量を消費したと仮定

世帯人数 アンペア 月間消費電力 月間の電気代 月間のおトク額
1~2人暮らし 30A 120kWh 3,698円 131円
3人暮らし 50A 300kWh 8,124円 1,797円
4人暮らし 60A 400kWh 10,652円 2,941円

シミュレーションした結果、ベーシックな「従量電灯B5コース」を利用した場合は一律5%OFFの為、そこまで割安感が感じられない方も多いのではないでしょうか。
しかしHTBエナジーの最大の特徴はやはり朝もしくは夜の2時間無料の「朝トクコース」、「ママトクコース」です。上記シミュレーション②の表を見てみると、朝か夜に多く電気を使うご家庭は、とても電気代が安く抑えられています。朝や夜に大量に電気を使っている、もしくは朝か夜に電気を使うようにチャレンジしてみるというご家庭には、「朝トクコース」、「ママトクコース」を試してみる価値はあるのではないでしょうか。

6.HTBエナジー(北海道・かにプラン)に申し込むには?

申し込み
HTBエナジーたのしいでんき(北海道・かにプラン)に申し込みたい場合、実際はどこから申し込めばよいのでしょうか。HTBエナジーへの電気の申し込み方法は、インターネット(パソコン、スマホ)のみとなっています。

○:インターネット申し込み
×:電話での申し込み
×:書類での申し込み
×:店舗での申し込み

現在のところインターネットからの申し込みとなっていますが、じつは他の新電力会社でもネットのみの申し込み方法の会社が多く、珍しいことではありません。

7.HTBエナジー(北海道・かにプラン)の気になる質問・疑問

うわさ
HTBエナジーたのしいでんき(北海道・かにプラン)に関するよくある疑問や質問、噂などをまとめました。実際にHTBエナジーに直接問い合わせた上での回答なのでぜひ参考にしてみてください。

質問1: HTBエナジーには契約期間や違約金はあるの?
回答1: 契約期間は1年間で、1年未満での解約の場合には2,160円(税込み)の違約金が発生します。ただし、契約から1年以上が経過した場合や、引っ越しの場合には違約金は発生しません。

質問2: 契約アンペア数を変更したい場合には、手数料がかかるの?
回答2: アンペア変更につきましての手数料は、現在のところ手数料は発生しませんが、家庭の設備状況によっては手数料が発生する場合があります。金額については、状況によって変わってきます。また、アンペア変更の場合はブレーカーの設備工事があります。

8.まとめ

まとめ
HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)について、一通り解説してきましたが、いかがだったでしょうか?HTBエナジー・北海道かにプランの魅力は、やはり通常プランよりも「朝トクコース」、「ママトクコース」にあると思います。

確かに基本料金は2倍になってしまいますが、朝もしくは夜の2時間の電気料金が無料になるという電気プランは画期的です。電気を節約したいと考えている人、さらに朝か夜に集中して電力を使うことができるご家庭にとっては、電気料金を大幅に下げることも可能ですので、検討の価値ありです。

あなたにオススメ

  • HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

    HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

    「一律5%OFF」というスタンダードなプランだけ見ていると、HTBエナジーの電力プランは見過ごしてしまうかもしれません。しかしHTBエナジー...

    1,019 views

  • 【完全版】auでんきで本当に全auユーザーがお得になるのか?

    【完全版】auでんきで本当に全auユーザーがお得になるのか?

    携帯電話大手のKDDIが、沖縄を除くすべての地域で使える新電力・「auでんき」を発表しました。 実はこのauでんき、auの携帯・スマホをお持ちの...

    2,283 views

  • 【ヤマダのでんき】ヤマダ電機が電力自由化のワケとは?

    【ヤマダのでんき】ヤマダ電機が電力自由化のワケとは?

    家電販売を主とするヤマダ電機が、2016年6月15日より電力自由化に参戦! 5月23日より申し込みが可能になる、電気屋さんの新電力について解説い...

    1,400 views

  • スマ電に気になる疑問をぶつけてみた

    スマ電に気になる疑問をぶつけてみた

    最近メディアでも話題の「スーパーで買える電気」、スマ電。でも実際のところ、スーパーで電気が買えるってどういうことなんだろう? そんなわけ...

    1,490 views

  • 【TOKAIでんき】東京電力と提携、セット割&ポイントサービスをもって首都圏へ参戦

    【TOKAIでんき】東京電力と提携、セット割&ポイントサービスをもって首都圏へ参戦

    東海地方でLPガスの販売事業を行うTOKAIが、TEPCO(東京電力)と業務提携。2016年4月より家庭向け電力自由化に参戦し、事業をさらに広げていきます...

    1,202 views