家庭にオススメな電気

【東北電力】首都圏向けプラン「よりそう、でんき」を発表

この記事は約3分で読めます。

1,177 views

【東北電力】首都圏向けプラン「よりそう、でんき」を発表

東北6県+新潟県の家庭に電力を供給している東北電力が、首都圏に住む方向けの新プランを発表しました。

首都圏向け新プラン「よりそう、でんき」

「よりそう」をキーワードに東北地方で7種類のプランを用意し、電力自由化に備える東北電力。首都圏向けのプランもやはり「よりそう」を合言葉にしたプランとなっています。
供給地域は東京電力エリア。東京に住む方はもちろん、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)に住む方であればだれでも契約できます(ただし離島を除く)。

メインターゲットは東北出身者

とはいえ、東北電力の主戦場はあくまで東北6県+新潟県。主戦場での一定数の顧客離れを想定し、首都圏に住む二百数十万の東北出身者へ向けアプローチすることで収益拡大を試みる模様。地元産品と交換できるポイントサービスを展開するなど、地方電力会社ならではの強みを持って参入します。

具体的なプランは?

「よりそう、でんき」の料金プランは以下のようになります。

基本料金 区分 料金
30A以下 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円
 
電力量料金 最初の300kWhまで 22.76円/1kWh
300kWh以上 30.02円/1kWh

基本料金は東京電力の出すものと一緒で、電力量料金も最初の300kWhまでの料金が東京電力より0.6円安くなっていますが、仮に300kw使った場合180円安くなるだけでほぼ同額。(参照:東京電力・スタンダードS
東京電力に比べて明らかにお得!とは言えないプランとなっています。

東北電力の狙いは

東北電力のプランは、金額だけで見ればあまり魅力的ではないかもしれません。事実、東京エリアは激戦区と呼ばれ、年間1万円以上お得になるプランもある状態です。
東北電力の狙いは格安にすることでの顧客獲得ではありません。
金額も大事。でも、せっかくなら愛着のある電力会社の電気を使いたい!そんな方に使ってもらうための新プランとなっているのではないでしょうか。

あなたにオススメ

  • HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

    HTBエナジー・たのしいでんき(北海道かにプラン)の評判・口コミ

    「一律5%OFF」というスタンダードなプランだけ見ていると、HTBエナジーの電力プランは見過ごしてしまうかもしれません。しかしHTBエナジー...

    4,729 views

  • 【完全版】auでんきで本当に全auユーザーがお得になるのか?

    【完全版】auでんきで本当に全auユーザーがお得になるのか?

    携帯電話大手のKDDIが、沖縄を除くすべての地域で使える新電力・「auでんき」を発表しました。 実はこのauでんき、auの携帯・スマホをお持ちの...

    3,732 views

  • 【ヤマダのでんき】ヤマダ電機が電力自由化のワケとは?

    【ヤマダのでんき】ヤマダ電機が電力自由化のワケとは?

    家電販売を主とするヤマダ電機が、2016年6月15日より電力自由化に参戦! 5月23日より申し込みが可能になる、電気屋さんの新電力について解説い...

    2,066 views

  • スマ電に気になる疑問をぶつけてみた

    スマ電に気になる疑問をぶつけてみた

    最近メディアでも話題の「スーパーで買える電気」、スマ電。でも実際のところ、スーパーで電気が買えるってどういうことなんだろう? そんなわけ...

    2,243 views

  • 【TOKAIでんき】東京電力と提携、セット割&ポイントサービスをもって首都圏へ参戦

    【TOKAIでんき】東京電力と提携、セット割&ポイントサービスをもって首都圏へ参戦

    東海地方でLPガスの販売事業を行うTOKAIが、TEPCO(東京電力)と業務提携。2016年4月より家庭向け電力自由化に参戦し、事業をさらに広げていきます...

    2,279 views